お酒の問題

Beautiful girl and flowers

夜の世界には、沢山お酒を飲まないといけないというイメージが有るかもしれません。
ですから、お酒が弱い人にとってはキャバクラなどの世界は縁遠いものと思われていることもあるようです。
しかしながら、実際のところはそうでもありません。

もちろん、飲めないよりは飲めたほうが仕事のやり方に選択肢が出てきますから有利になることは間違いないです。
それでも、飲めないならば飲めないなりの仕事のやり方は有ります。
そして、お店側もそういう女の子を救済する措置を色々考えてくれたりします。
お酒が飲めないから、キャバクラで働くのは無理そうだということは全くないと行っても過言ではありません。
実際に働いてみれば、そういった時の対処法は色々見て学んだり、直接教えてもらったりすることが可能です。
最初の面接の段階でそのことを相談するほうがよいでしょう。

お酒が飲めることよりも求められる能力は、いかに男性を満足させられるかということです。
だからこそ、自分自身の人間力が最終的には問われる世界だといえます。
お酒はあくまでも、そのサポートとなるツールです。
求人を見て悩んでいるぐらいならば、一旦面接を受けてやってみればよいのです。

努力で稼ぐ

Pretty lady

キャバクラという業界は一般の昼職に相当するお仕事よりも、かなりのお給料を稼ぐことが可能となります。
自分の頑張り次第では、一般的な社会人の何倍にも相当するお給料を目指すことも出来ます。
しかしながら、それでも限界はあるでしょう。
その限界に到達した時、もっと稼ぎたいと考えるならばセクキャバに挑戦することを検討してみても良いといえます。

セクキャバの業務内容は、基本的にはおさわりが許されるキャバクラだと考えると良いです。
とくに性的なサービスを強いられることはなく、ボティタッチを許すことができるだけでかなりお給料が跳ね上がります。
むしろ、性的サービス自体がお店的にルール違反となりますので、そういったサービスを行う必要性すらありません。
非常にソフトなサービスで、大きくお給料を稼ぐことが出来るのがこの業態の求人に共通する特徴です。

基本的には男性客を短い接客時間の中でどれだけ気に入らせるか、という勝負になってくるといえます。
何人ものキャストが交互に男性に付き、それで男性が気に入って指名してもらえればより大きく稼ぐことが出来るようになります。
ツーショットキャバクラというような名前となっていることも有りますから、大きく稼ぎたいならばこの業態を検討してみても良いのかもしれません。

入店による判断

Girl has long hair

キャバクラやセクキャバの多くは、体験入店というシステムを採用しています。
これはこの業態にかぎらず、例えばガールズバーや風俗業などでも共通して取り入れられているシステムです。

やはり、特殊な職業として扱われる世界である以上、女の子によって世界そのものが合う合わないの出る業態であるといえます。
また、お店のスタッフとの相性も大きく関係してくる世界です。
スタッフとは男子スタッフはもちろんのこと、女性キャストとの相性も関わってくるといえます。
つまりは根本的に、お店と相性が合う合わないが勤続に関わってくる重要な要素となるのです。
ですから、大体のお店で体験入店というシステムが取られています。

面接後、即本採用という形ではなくて、一旦体験入店という形でこれからやっていけるかどうかを自分で考える時間を与えてくれるのです。
もちろん、体験入店でもお給料はきちんと発生します。
だからといって、実際に働いてみてこの仕事や、このお店が合わないと感じたなら気軽にその旨を伝えて、退店することが可能です。

ですから、悩む時間があるなら一回やるだけやってみればよいのです。
やってみて、その日一日をとりあえず頑張ってみて、合わないと思えばやめれば良い。
業界的にも人の入れ替わりは極端に激しいですから、基本的に来る者拒まず去る者追わずという傾向があります。
多少は引き止められるかもしれませんが、無理強いはされないでしょう。

大きな収入源

Girl wearing black shirt

男性と違って、女性にはとことん稼ぐチャンスが色んな所に転がっています。
それが、キャバクラやセクキャバなどの、ナイト産業の世界。この世界に足を踏み入れれば、昼の仕事では到底たどり着けない高収入を手にすることすらも現実になります。
色んな人が世の中にはいますが、全部共通することはお金がなかったら何も出来ないということ。
それこそ、生活に追われていっぱいいっぱいでは楽しい時間を過ごすことすら難しくなるでしょう。
本当だったら色んな物を買いたい、色んな所に行きたい、色んな物を食べたい、色んな物を見たい、そんな色んな欲が人間にはあるはずです。
そして人間はその欲を満たしてこそ、精神的な満足感を得られるのです。
もちろん、物が全てではないことは事実です。しかしながら、それでもお金がなかったら何も出来ないというのも真実なのです。

ですから、稼ぐことは正義です。
そして、女性であることを活かしてキャバクラやセクキャバで働くこともまた、正義です。
求人情報はたくさんありますから、挑戦するチャンスもまたたくさんあります。
キャバクラやセクキャバで働くことは世間のイメージよりも、大変なこともたくさんあります。
実際にキャバクラやセクキャバの世界で生き残るには、なんとなくでこなすのではなくきちんと自分を高めないと生き残っていくことは出来ません。
でも、入り口としての求人は本当に幅広く、ちょっとしたお小遣い稼ぎに出来る求人から、夢を追うことに繋がる求人まで様々な目的やベクトルに合わせたものがあります。
ガッツリ働いてしっかり稼ぐもよし、ちょっと生活の足しに少し働くもよし、決めるのは自分次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加